現場に応じた学び方と学ぶ姿勢

女性看護師にとって将来に備えて必要なスキルを学ぶのは重要であり、それに基づいて将来的にどのようにして働いていくかを決断します。しかし、どの現場でも一様にしてスキルを教われるわけではありません。現場によって独特の雰囲気や慣習があって、それに合わせて学ぶ姿勢を作る気持ちを大切にするのが賢明な考え方です。

現場によっては教育体制がシステム化されていて、先輩から後輩へと体系的かつ網羅的に現場で必要なスキルを伝授するプログラムが作られている場合もあります。これらは大学病院などの大規模な病院に多いシステムであり、勤務していれば簡単に学ぶことができるのが特徴です。プログラム化されているため、学びたいことがあってもある程度は待たなければならないのが欠点であるものの、広く深くスキルを身につけられるのは利点といえるでしょう。

一方、そういった教育体制が確立されていない現場も多数あります。そのような現場は、必要なときに必要な教育が施されるというシステムである場合が多く、自分から見たり聞いたりして必要なことを覚えていくことが必要です。学ぶ姿勢を誤ってしまうと何も身につかずに月日が経ってしまい、キャリアアップは愚かスキルも十分に有していない看護師になってしまう場合もあります。

このように、現場に応じて学ぶ姿勢をうまく選び出すと効率的にスキルが身につき、将来の働き方も考えやすくなるでしょう。女性看護師にとっては、新人の間にいかにスキルや知識を習得できるかといった学ぶ姿勢が転職や再就職にも影響します。学ぶことの必要性を知ることができる『学ぶ姿勢の大切さ』というサイトもあるので、見ておくと良いかもしれません。

看護師として活躍し続けるための学びの姿勢とは?